水中記録(2018/4/7 大瀬崎)

潜水日:2018年4月7日
場所:大瀬崎

ダイビングショップの7周年記念パーティーで大瀬崎に行ってきました。ふと振り返ると4か月ぶりのダイビングとなりました。

朝のFM横浜の海況の情報によると強風の影響で湘南・伊豆のほとんどのダイビングスポットがクローズされて、大瀬崎は湾内のみオープンと聞いていたので、春濁りと合わさって最悪なコンディションを覚悟していましたが、春濁りで白っぽく波風も高いでしたが潜ってしまえば想像していたよりもマシなコンディションでした。(透明度は8mぐらい?・・・でもドロドロというよりも白っぽい感じなので春濁りのみ?という状態です)メバルYG

写真で見ると・・・春濁りなんてないように見えますが・・・実際は白っぽい感じなので悪しからず。

なお、こちらの写真は、メバルの幼魚で、たくさん群れを作っていてなかなかの可愛い姿でした。(大人になると地味な感じの色になりますけど・・・)

メバルYG

そして、ミノカサゴが相変わらずの堂々たる風貌で優雅に遊泳されていました。(珍しくなく、潜ると必ずいる魚ですけど・・・見た目が派手なので毎回撮影しちゃいます)ミノカサゴ

本日のレアな魚といえば、こちらのセトミノカサゴとなります。何度も大瀬崎に潜っていますが、セトミノカサゴと遭遇したのは、おそらく初めてです。普段は深場の砂地に潜って隠れているらしく見つかることはほとんどないようなことがWikipediaに書かれていましたが、こちらも幼魚なので、もしかしたら浅瀬で堂々としていたのかもしれません。

セトミノカサゴ

更にイバラタツというタツノオトシゴの仲間もいました。タツノオトシゴもよーくみるとクリクリの瞳で結構可愛い風貌に見えてきました。

イバラタツ

昨日の天気予報は晴れでしたが、ダイビング中は雨が降りそうな曇り空で、夕方から雨が降るんじゃないかと話していたら、ダイビングが終わったあとは、なぜか見事に晴れ渡りました( 一一)

と・・・

こんな感じで、春濁りはしているものの結構にぎやかな海となっていました。