水中記録(2017/1/7 大瀬崎)

潜水日:2017年1月7日
場所:大瀬崎

今年最初のダイビングで大瀬崎は20m~の透明度で絶好のダイビング日和となりました。

クマノミ

賑やかな水中でも、クマノミの存在感?は不動の1位です。
クマノミ

こうやって、イソギンチャクの周辺を見回りしています。
イワシの群れ

秋口から冬にかけてはイワシやキビナゴの群れやカマスの群れが見れて圧巻の光景が時々広がります。
先端の風景

大瀬崎には先端というポイントがあって、そこでは1年を通してスズメダイ等の大群が浅瀬でみることができます。今よりも冷たい水となる2月の水中で他の魚たちが居なくなっても、このスズメダイの大群は寒さなんて関係なく元気に泳いでいます。
ペリクリメネス・ダルダニコラ

見た目は小さなエビですが、「ペリクリメネス・ダルダニコラ」という物凄く威厳のありそうな難しい名前がついてしまっているエビです。(見た目も綺麗)しかし・・・なぜこんな複雑な名前になってしまったのかは謎です・・・。

という感じで潜り始めは、冬の大瀬崎らしい澄んだ水で波もなく素晴らしい水中でした。